当サイトは税金についての総合情報サイトです。

江戸川区での税金対策、会社設立は高原公認会計士事務所へ。

三鷹市で税理士をお探しの場合は須田邦裕税理士事務所へ。

神奈川で融資に強い会社設立サービスをお考えなら会社設立の窓口へ。

川崎で相続・贈与についてのご相談を検討中なら相続・贈与の窓口へ。

川崎の税理士、司法書士なら青松税務会計事務所へ。

中央区日本橋の税理士ならプログライズ総合会計事務所へ。

社会保険や雇用についてのご相談は社労士OFFICE 労務管理+(PLUS)1へ。

エコカー減税

エコカー減税とは環境に優しい車に対して減税されるものです。減税の対象は自動車重量税や自動車所得税となっています。エコカーに該当するのは電気自動車やハイブリッド車などもありますし、国土交通省が定める排出がガスと燃費の基準をクリアした自動車です。平成21年にスタートし、各自動車メーカーがCMなどで対象の車種の宣伝をているのをよくみかけますよね。期間は自動車重量税は平成27年4月30日まで、自動車所得税は平成27年3月31日までとなっています。

新車で購入した場合には自動車重量税の新車新規検査時は自動車重量税全額、期間内にその次に受ける車検の自動車重量税が50パーセント免除となります。自動車所得税は税率が軽減されます。また中古車を買った場合には、自動車重量税は最初の車検の自動車重量税が50パーセント減税となりますし、自動車所得税は所得価格から控除があります。また、平成21年のスタート前に購入している場合には期間中に最初の車検があれば、最初の車検の自動車重量税が50%免除となります。今は車に乗らない人も増えてきていますが、必要な人はエコカー減税のあるうちに購入をけんとうしてみるのもいいかもしれませんね。

【PR】埼玉県の車検なら

ダイハツ認定工場として幅広いノウハウと確かな技術でお客様の愛車の安全をお守り致します。
伊奈町 車検ならマインド

海外で勤務する場合の所得税

日本国内の会社に勤めていても、今は海外に支店がある会社も多く、海外勤務を命ぜられることも多いですよね。転勤や出張で海外勤務になった場合は日本に住んでいないので原則として非居住者として扱われ、原則として日本の所得税は課税されなくなります。12月から転勤などになった場合はいいですが、日本に居住していた時に働いていたお金については所得税を払う必要があります。年末にはきちんと年末調整を行いましょう。

海外で働くとなるとそれ以外にも税金で気にしないといけないことがいろいろとあります。給与以外で収入がある場合には日本国内に納税管理人を選任する必要もありますし、海外転勤中に不動産所得などが合った場合には納税をしないといけません。また海外勤務が終わって帰国するときにも手続きが必要になりますので、きちんといろいろと調べておきたいですね。一番いいのは同じ会社で海外勤務をしたことがある人に聞いてみることですね。先に経験しているのでどういうことに気を付けておけばいいかなどを教えてもらえるでしょう。タックスアンサーなどをみてわからないときには、税務署で一度気になることを聴いておくといいかもしれませんね。活用してくださいね。

所得税の配偶者控除とマイホームの取得

国税庁のタックスアンサーによせられている、所得税に関するよくある質問には特に配偶者控除に関するものが多いようですね。配偶者も働いてもらおうと考えたときにきちんと考えないと、働いたのに、働いているときと所得が変わらないということが起こってしまいます。なぜならば、働く時間によっては配偶者控除をうけることができます。それが外れるくらい稼ぐと、収入が増えますが、配偶者控除や会社の家族手当がなくなってしまい、結局は少なく働いているほうが収入は多かったということになるようです。

またほかにもマイホームの取得をしたときや増改築をしたときの控除に関しての質問が多いようです。両親と同居するために増改築をしたりバリアフリーのリフォームをしたりすると、控除がうけることができる場合が多いです。どちらかというとマイホームの取得の前や増改築の前にタックスアンサーを確認して、自分がどういった控除が受けることができるのかをきちんと理解したうえで購入等の検討をしたほうが、最大限に控除等をうけることができる場合もありますよね。知識がないと安さだけで選んで控除があまり受けることができなかったということにもなりかねませんのでぜひ知識は持っておきましょう。

簡単な税の疑問の解決法

いろんな税金の疑問などがでてきて、ネットの質問掲示板に書き込みをしたりするひともいるのではないでしょうか?書き込みをしてみるのもいいかもしれませんが、ネットの書き込みというのは匿名性が高いですし、それが合っているかは自己判断だったり、結局調べないといけないことっも多いですよね。窓口に相談しに行く時間もなかったりすると途方に暮れる人も多いみたいですが、国税庁のホームページを活用してみましょう。

国税庁のタックスアンサーというページには税金に関するインターネット上の相談室です。キーワードで自分が調べたいことを検索することができたり、質問に関する回答がたくさんあったりします。基本的な疑問等であればこういたたタックスアンサーで調べるだけで解決できるものもとても多いのではないでしょうか。国税庁のホームページですから情報の信頼性はばつぐんですよね。ある程度タックスアンサーで調べてみて、それでもわからないところを問い合わせするほうが効率的に疑問を解決することもできます。

インターネットですから24時間調べることができますので、夜遅くまで働いている人でも大丈夫ですよね。ぜひ一度見て、活用できるようになりたいですね。

不動産関係で必要な税の知識

不動産関係で仕事をするときにはたくさんの知識がひつようとなります。宅建業法に基づくさまざまな法令から、民法での抵当権などについての知識、建物を建てるときの基準の知識などを常に最新のもので知っておく必要があります。ですので宅地建物取引主任者という資格があり、各事業所に一定人数がいる必要があるわけですね。宅地建物取引主任者は5年ごとに更新があり、更新時にきちんと講習を受けます。

その中でも紹介されているのは不動産取引にまつわる税金に関するトラブルです。不動産の取引に関しては税金の控除など様々な控除などがあります。そのため、控除が受けられるとおもってきていたお客さんに控除ができない建物を紹介してしまい、あとでその事実が発覚して問題になるというようなこともあるようです。そういったことにならないためにもきちんとそういった税金の知識を最新のものにアップデートしておく必要があり、お客さんと話をするときにもどういった控除を受けようと思っているかなどについてはあらかじめ把握しておく必要があるというわけですね。お客として利用する場合にもきちんと控除がうけられる物件かどうかはあらかじめ確認するようにしておきたいですね。

家の売買をしたときは確定申告を忘れずに

サラリーマンをしていると毎月もらえる給料のなかから税金がひかれていて、会社がまとめて納税してくれています。ですので年末調整だけをしておけば、確定申告が必要ではない人のほうが圧倒的におおいでしょう。しかし家の売買をしたときにはその限りではありません。家の売買をすると大きな金額のお金が動きますよね。家のローンを組んだ場合にも、一定の条件を満たすことができれば、所得税の特別控除などがうけることができます。特別控除がうけることができれば還付申告をすれば、税金が返ってくることがあります。

家の売買をして、税金に関してわからないことなどがあれば、税務署などでやっている無料の税務相談などを活用することも可能です。無料の税務相談では税理士の人や専門の人から詳しい話を聴くことができますのでぜひ活用したいですよね。また家の売買をしたりするときには先にどういった税金の控除があるのかを調べておいて、基準を満たす形で売買するほうがお得にもなります。きちんと調べておかないと、買ったのはいいけれども控除が受けられない家だったというトラブルも実際にはあるようです。ぜひきちんとした知識を持ったうえで売買はしていきたいものですね。

宝くじがお得

一攫千金を狙うなら宝くじがお得だってしっていますか?実は宝くじというのは収益を公共的な事業にもつかっています。たまにCMなどでこんなことにつかってるんですよーっていうことをアピールしていますよね。そのため宝くじがあたった分の収入は非課税となっています。ですので1000万円当たればそのまま1000万円もらえるわけです。あたりまえじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、非課税ということはとても重要なんです。

同じく一攫千金を狙おうとして懸賞に応募したり、クイズ番組にでて賞金を稼いだ場合、同じ1000万円をとることができてもこちらは一時所得となります。そのため給与所得のサラリーマンであれば20万円以上を超えたところは課税対象となってしまいます。1000万円も所得があると税金がとってもひかれますので、手元に残るお金は少なくなってしまいます。ですので同じ1000万円をゲットしても手元に残るお金は大きく変わってくるわけです。

小さい金額を狙うのであれば宝くじも懸賞もかわりませんし、懸賞なら豪華な旅行などをもらうほうが、お金でもらうよりもいいのかもしれませんね。旅行などはお金じゃないですから課税されませんよね。

いろいろ改正されている税制

消費税が改正されることはテレビでもたくさんとりあげられていますし、知っている人もおおいですよね。しかし意外と知らないのがほかの税金に関しての知識です。たとえば所得税の税制が改正されているのはしっていますか?国税庁のホームページをみてみると、所得税の改正についていくつか書かれています。たとえば生命保険料の控除金額が変わっています。ほかにも住宅借入金等特別控除について、認定低炭素住宅(住宅の用に供する年の低炭素化の促進に関する法律に規定する低炭素建築物に該当する家屋で一定のもの)の新築や、建築後使用されたことのないもの、に住むときの特例が追加されたりしています。

他にも医療費控除の対象範囲が広がっていたり、小規模企業共済等掛金控除の対象が追加されていたりと、増税だけでなく知っていると得をすることがたくさん載っています。時々は国税庁のホームページなどもみてみて勉強してみるのもいいかもしれませんね。改正されている税制をしることで、きちんと社会情勢にも目を向けることができるようにもなりますし、事前に対策をすることもできるかもしれません。情報はあるにこしたことはないので、ぜひこまめにチェックしてみましょう。

eーTaxで申告しよう

確定申告しないといけないのはわかるけど、税務署行く時間とれないよ!というかたや、確定申告の時期すごく並ぶから嫌なんだよねーという方も、e-Taxをつかえば家で申告書類が作れてネットで申告できるのはご存知ですか?しかもe-Taxを使って申告したほうがメリットがあるようになっています。まずは一番のメリットとしては確定申告でならばなくてよいことと、平日昼間は時間がない人でも24時間受け付けですので、自分の仕事の状況に合わせて申告可能です。そして添付書類の提出省略や、還付がスピーディーなどよいところがいろいろあります。

ただe-Taxで申請する場合には事前にいろんな準備が必要となります。まずは古いパソコンだと対応していない場合がありますし、電子証明書を取得して登録する必要があります。またICカードリーダライタも必要となります。パソコンが苦手な人には少し難しい作業が多いということがe-Taxの少しやりにくい点かもしれませんね。面倒に感じて、税務署に行く人も多いのかもしれませんね。設定さえできれば後は24時間申告などいいところはいっぱいなので、パソコンの詳しい人に手伝ってもらうなどするのもいいかもしれませんね。

還付申告をしよう。

還付申告とはいろんな事情から納めすぎになった税金を申告して返してもらうものです。たとえば、給与を二か所からもらっていて両方から源泉徴収を受けている場合には税金を払いすぎになっている場合があるので、還付申告をうけることで返してもらえる場合があります。また一年の途中で退職して年末調整を受けなかった場合に、源泉徴収の額が納めすぎになっている場合もあるようです。そういったときには還付申告を受けることで返してもらえる場合があります。

会社員で副業をしていないと確定申告で税務署に行く必要はないと思っている人もおおいでしょう。しかし、会社員で副業をしていなくても還付申告というものをうけることができることがあるんですよ。他に還付申告がうけれるのは多額の医療費を支出したとき、特定の寄付をしたとき、住宅ローンがあって、一定の条件をみたしているときとされています。ですので家を買ったとき、子供が小さい時などは還付申告が受けれる場合が多くなるということですね。少しのことかもしれませんがきちんと還付申告しておくと、思わぬ金額が返ってくることもあるようです。わからないときは近くの税務署で無料税務相談の時にいってみるといいかもしれませんね。